Caprice

“Caprice”は「気ままに」って意味です、気ままなLifeのらくがき帳、おもしろい事、楽しい事、興味のあること、ハンドメードまで“カプリス”です!!
2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月
      

≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランス紀行 アビニョン続き

白い城壁

フランス、から帰国して三カ月近くたちました。
パリ、アビニョンでの約1カ月の生活は私にとって今までに考えられないぐらい刺激的でパワフルでエネルギーに満ち足りていました。
満たされたエネルギーは、オーバーヒートしそうでその熱を少し冷ます必要がありました。
今も、旅の話をする度に情熱が言葉からオーバーヒートしてほとばしってしまいます。
だけど、もうそれも今は思い出でしかないのです。
前に進まなければなりません。
大切な思い出をこのままにしないためまたフランス紀行を再会したいとおもいます。
大変長らくお待たせいたしました。

 
城壁の広場にはいつも白いチャップリンやその他の大道芸人、物売り、マッサージ師の人達がいました。
みんなとても親切で、ご近所に住んでいるお友達みたいに受け入れてくれ仲良くしてくれました。
みんな世界各国から集まった国籍も言葉もそれぞれに違っていたけれど出会った時から仲間の様に温かで、
私の看板の名前を見て名前も覚えてくれました。
私は満足に英語も話せないのに何故かこころは通じていたように思います。
こんなにも受け入れてもらえるなんて、とても嬉しかったです。

505_convert_20121022030041.jpg

アビニョンの演劇祭は7月7日から7月27日まで開催されていました。
私は7月23日にパリに戻ったので最後までいなかったけれどその間ほとんど白い城壁の広場で
絵を販売していました。 白い城壁の広場での出会いを写真でご紹介したいとおもいます。

 353_convert_20121021213515.jpg
 彼女はとても情熱的な感じの魅力的な女性でした。
エキゾチックナ髪飾りやミサンガを手作りして販売していました。
たしかボリビアからご主人と各国、旅しているとのこと。ご主人も西武劇に出てくる小柄なメキシコ人の様な人でした。お二人ともとても親切でとても素敵なひとたちでした。皆、そうですがであったら二人ともハグしてキスしてくれました。サンドイッチや飲み物を分けてくださったりもしました。
言葉がはなせればもっといっぱいお話がしたかったです。

355_convert_20121021215301.jpg
こんなカラフルな細いいとから

354_convert_20121021215148.jpg
 こんなに素敵なアクセサリーを彼女のこまやかで器用な手が紡ぎだすのです。
彼女が穏やかに仕事をしている姿は何て女性らしく美しいことでしょう。
そばで優しいご主人がいつも彼女の身の回りにいて手助けしています。
ちょつとうらやましかったです。(*^_^*)

349_convert_20121021213239.jpg

 このご夫婦にもお世話になりました。彼らもボリビアのお二人のお仲間でした。旅されてました。キャンプ場も同じでいつも会うとハグしてキスしてくれました。とても優しい奥様でいつも声をかけてくれるけれど恐らくイタリア語でうまく話せなかったけれど。ご親切はとても伝わりました。

394_convert_20121022022317.jpg

この方達は、多国籍でマッサージの仕事をされていました。やはり旅しているようで、皆でホテルに泊っていると言ってたとおもいます。台湾人の女性がとても親切にしてくださいました。
良く間に入れてもらって絵えを売らせてもらいました。

388_convert_20121022021756.jpg

広場には沢山の仮装行列もいます。

352_convert_20121021214122.jpg

こうやってシアターの宣伝に近づいてきたりします。

453_convert_20121022022912.jpg

こんな風に・・・・

381_convert_20121021215029.jpg

また…こんな風に・・・この人は道で会うたんびにこうして近づき私をおちよくっていました。

382_convert_20121022021459.jpg

王子様もいました。

383_convert_20121021214923.jpg

はーい!そろって・・はいぽーず・・・・

351_convert_20121021213812.jpg

時に東洋の魔女の私からとんがり帽子を奪いポーズをとる観光客もありました。
せっかくなのではいぽーず・・・・とカメラを向けると喜んでおられました。

466_convert_20121022030246.jpg

歩いていると写真を撮って送ってくれと・・・・はいぽーず・・・・
この人、観光客なのかパフォーマーだかわかりませんでした・・・(*_*;

462_convert_20121022023843.jpg

あれ、この方は日本人のお世話になった。
インスピレーション詩人の後藤みのるさんです。

361_convert_20121022053842.jpg

こんな風に頑張っておられました。

まだまだ続きます

スポンサーサイト

Happy Halloween

ハロウィン
パンプキンクッキー

パンプキンクッキー
Jack-o'-Lantern Pumpkin cookie's
TOOKO ©Noriko Ohno


パンプキンクッキーレシピ

材料

小麦粉200グラム
べーキングパウダー小さじ1杯(5グラム)
無塩バター80グラム
グラニュー糖150グラム
卵1個
かぼちゃ(蒸した分量)150グラム
ブランディーまたはラム酒など大さじ1杯

準備

かぼちゃは皮を除いて蒸し器などで蒸し温かいうちに裏ごししておく。
小麦粉とベーキングパウダーは合わせて2.3回ふるって置く。

作り方

1、①のボールにバターを入れ泡だて器でよくかき混ぜてクリーム状にする。

2、①のボールに分量の3分の2のグラニュー糖を2,3回に分けて加え、
  ふわっとするまでよく混ぜ合わせる。

3、卵を卵黄と卵白に分け、①のボールに卵黄だけ加えよくかき混ぜる。

4、①とは別の②のボールに卵白と残りの3分の1のグラニーユー糖を2、3回に分けて入れ
  角が立つまで泡立て攪伴させメレンゲにする。

5、①のボールに裏ごししたかぼちゃをよく混ぜ合わせさらに合わせてふるっておいた小麦粉と
  ベーキングパウダーを2,3回に分けて混ぜ合わせる。

6、①のボールがぱらぱらとふんわり混ざり合えばさらに②のボールで攪伴し
  メレンゲになった卵白を合わせて粘土状の生地にし、まとめて、ラップするかまたは
  ビニールの袋に入れて、冷蔵庫で1、2時間寝かす。
  できれば1日寝かすとさらに生地は落ち着く。

7、寝かせた生地を冷蔵庫から取り出し型ぬきする。型ぬき台にうち粉をし生地を麺棒で
  耳たぶぐらい(5ミリから7,8ミリ)の厚みに伸ばして、型をぬきオーブントレーに
  バターを塗るかクッキングシートをひいてならべる。

8、オーブンは必ず生地を焼く10分ぐらい前から温めておく。

9、アーブンが温まれば用意しておいたトレーを入れて焼く。
  オーブンにより癖がありますが170度から180度の温度で10分から15分ぐらい焼きます。
  こんがり焼き色がつけば出来上がり。

パンプキンのクッキーはほわぁっと黄色く焼きあがり,かぼちやの甘い香りがほんのりします。
コーヒーか紅茶とともにお召上がりください。


ハロウィンフラワーアレンジメント

ハロウィンフラワーアレンジメント
Halloween Flower Arrangement
TOOKO ©Noriko Ohno

 
花材
フルーツカボチャ ・サニーオレンジコスモス ・トウガラシコニカル
ゲイラックス ・バーゼリア ・フオルモサ

コーヒーブレーク

長らくフランス紀行,すすんでおらず申し訳ありません。

もうしばらくお待ちください。その間今日は10月1日なのでコーヒーブレイクにハロウインにちなんだオリジナルクッキーのレシピのご紹介をしたいとおもいます。


ほんの少し目で見るコーヒーブレイクに・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。