Caprice

“Caprice”は「気ままに」って意味です、気ままなLifeのらくがき帳、おもしろい事、楽しい事、興味のあること、ハンドメードまで“カプリス”です!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 神戸北野異人館街TOP未分類 ≫ 神戸北野異人館街

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

神戸北野異人館街

神戸北野異人館街

風見鶏の館前広場の階段

スピリチュアルテーブル

折りたたみスピリチュアルテーブル
北野のストリートアーティストが作って下さいました。


 神戸北野風見鶏の館の広場にやって来て絵を描き始めたのはいつの頃からだろう
丁度今頃の5月の連休前から連休にかけてで
もう、7年か8年前になるのかなわからなくなるぐらい月日が経ちました。
その時は広場ではなく広場に登る階段の下の方でひっそりと小桜インコのジュディアの
らくがきで描いた絵と自分の似顔絵を並べて「似顔絵を描きます」なんて、
簡単に画用紙に描いて看板にして、アイスクリームを食べながら遊び半分ピクニック気分でした。
それでも、絵を買ってくれるお客さんはいて、なんだか勘違いなのか、絵が売れるものなのだとはまってしまいました。


神戸北野風見鶏の館

神戸北野風見鶏の館
©Noriko Ohno 神戸北野風見鶏の館


神戸北野風見鶏の館
©Noriko Ohno 神戸北野風見鶏の館

それからも何度か春と秋にちょくちょく来ていたような気がします。
そのころには、今の風見鶏の館の前の広場の萌黄の館の前の階段に絵を並べるようになりました。
そして、二年後ぐらいの秋から毎週末に真冬とか真夏、以外はお天気が良ければ休み休み来るようになりました。
そして、ちょっと本気で絵を描くようになり、はじめはインスピレーションで絵を描いていたけれど
これではいけないと思うようになり今に至っています。今は勘違いではいけないと必死です。
ただインスピレーションで描いたほうが本当は良いなと良く思います。
構えると自然な絵がどうしても描けないのです。


神戸北野うろこの家
©Noriko Ohno 神戸北野うろこの家

また、ここに来るようになってからいろんなことがありました。
ここに来たことが切っ掛けで何時か行きたいと思っていたフランスに二度も行くことになり
画家の聖地パリのモンマルトルにも訪れ(ここも神戸のモンマルトルと呼ばれていますが〕ルーブルやオルセーの美術館にも訪れ、過去の偉大な画家や彫刻家に出会い、現在、モンマルトルで活躍されている日本人の画家さんとの出会い、今は、絵についてのお話しなので省略いたしますがその他沢山の素晴らしい出会いがありました。
そして、話忘れてはならないことはここ北野での出会いによりフランス旅行が実現し、無事に帰国できたことも付け加えておきます。そして、今ではこんな素敵なスピリチュアルな折りたたみテーブルで絵を飾る事が出来ているのです。



神戸北野風見鶏の館
神戸北野風見鶏の館

 北野は三宮の街中でありなが坂道の上、つまり山の急斜面であるわけです。
なので自然の残るその上お洒落な異国の街並みなのです。
週末に絵を描きながらほっとできる私の唯つの居場所かもしれません。
スポンサーサイト

Comment

気に入ってます♪
編集
昨日、風見鶏の館前でふと目に入り
心奪われ猫が描かれた作品を
お家へ連れて帰らせていただきました(*^▽^*)
早速、部屋に飾ってとても気に入っています♪
素敵なポストカードもいただけてホントに嬉しかったです♪
素敵な出会いをありがとうございました(*^-^*)
2015年04月27日(Mon) 18:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。