Caprice

“Caprice”は「気ままに」って意味です、気ままなLifeのらくがき帳、おもしろい事、楽しい事、興味のあること、ハンドメードまで“カプリス”です!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ フランス記行 出発TOP未分類 ≫ フランス記行 出発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランス記行 出発

 パリへ
7月4日、午前10時45分、大阪(関西空港)発、FINNAIR(フィンランド航空)にてヘルシンキ経由
でパリ(シャルルドゴール)へ向けて出発。

三宮から関西空港までは空港行きバスで直行で約65分、
六甲の自宅からだと約2時間近くかかります。
飛行機出発の2時間前には空港につかなければならないので朝7時前に家を出ました。

この日は,海外へ一人で旅する私を気遣い関空まで母が見送ってくれました。
空港に着いてまず両替を済ませ、二人で喫茶店でモーニングしてから搭乗ゲートに
いいよいよ出発です。

母はとても心配そうな顔でいつものことですが「気をつけなさい」と見送ってくれました。

実はこの時、ゆっくりしすぎて飛行機の出発ギリギリだったんです。搭乗ゲートからモノレールで搭乗口まで行くエスカレーターでスチワデースにチヶトを見せたら急いでくださいと言われ大慌て
、私が飛行機に最後に乗り込んだ乗客でした。
フィンランド航空、パーサ――とスチワデースが遅かったのでチヨットむっとしてる様な気がして。(*_*;
「Excuse me」というと年配のスチワーデスさんがン「No problem」と言ってくれてちょっと安心。(+_+)
席に着いてすぐ飛行機は動き出し離陸です。いよいよ私の旅はここからはじまりました。

009_convert_20120808220834.jpg
フィンランド航空(ヘルシンキ)

旅立つ翼

飛行機が飛び立つ瞬間

とても感動した

なぜならこの瞬間をむかえるまでに

どれほどの年月がかかったことか

それなのに夢は、一瞬にこえてしまっていた

行動をおこすことそれだけでこんなにも簡単に越えてしまえた

長い間、自分のこころの翼の羽に恐れと言う重い荷物を乗せたまま扉にまで錠をかけていたのだから

私は飛んでいる非現実的にではなく現実的に明らかに本当に空の雲のうえにいるのだ

考えると少しおかしくなリ笑ってしまう。

だって本当に飛行機に乗って飛んでいるんだから。


IMG_1988_convert_20120808223858.jpg

神戸の港と北野の風景

旅立つ前に手掛けた作品です。

この作品は私の想像を超えた作品でした。このアイデアを提案して下さった方に作品もですがフランスへの
旅も背中を押し出していただき新しい扉を開く切っ掛けとなりました。

そして私はほんとに空を飛びフランスでパリとアビニョンを駆け巡ったのです。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。