Caprice

“Caprice”は「気ままに」って意味です、気ままなLifeのらくがき帳、おもしろい事、楽しい事、興味のあること、ハンドメードまで“カプリス”です!!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ フランス記行 フィンランド航空TOP未分類 ≫ フランス記行 フィンランド航空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランス記行 フィンランド航空

フィンランド航空

関空から約8時間、現地時間PM3:00フインランド(ヘルシンキ)に到着、
ここからパリ行きの飛行機に乗り替える。

PM4:00出発、3時30分までに乗り込まなければならないので時間がない。
ここまでの飛行機の乗客は日本人のツアーの人達だった。行く先が違うのでパリ行きのゲートまで探して一人でいかなくてはならない。

飛行機を降りてすぐ立っていたパーサーに乗り換えのチケットをみせる。
チケットのゲートがCと書かれていたところをぺんでDと書きかえられる。

ゲートの変更があったらしいい。そのまま進めと合図してくれる方向に進み、掲示板があったので便を確かめようとしたけれど掲示がどんどん入れ替わりわからなかった。

しかたないのでとにかく広い構内を急ぎ足で歩く、途中日本人のスチワーですかパーサーの女性がいたのでどこに進めばよいか尋ねすすむ。

008_convert_20120809144529.jpg

ヘルシンキ空港構内今考えると搭乗窓口だったと思うけれど入国審査の窓口らしき所につきあたり。

パスポートを提示し終わると、横から出ていけと指示され出ていくと通りにはなつているけれど誰もおらず思わず空港の外に出てしまったのかと思い引き返し、チケットを見せたら。

また無愛想にそっちだと言う顔をされる。

しかたなく通りをすすむとエスカレータがあり下りてみた。

アルファベットの書いた搭乗ゲートがいくつかあつた、だけどDの搭乗ゲートには誰もいない。乗客らしき人も、受付にも、もう3時15分、後、15分しかないはずなのに、向かいのゲートの受付にいきゆびさしたら「クローズ」と言われあせる、飛行機が出てしまったのか,DではなくCだったのか、心臓かもう爆発しそうになる。

困っていると一人の日本人の女性がおりてきてた。その人もすこし困り顔をしているので「日本人ですか?」
と尋ねたら同じ便のチケットをもたれていて同じ様に迷っていた。お一人ではなく御主人もおられ近くのイスに座られていた。少しほっとする。

確かにここのはずだけどどうなっているのだろうと言う話になった。
数人ゲートの近くのイスに座っている日本人らしき二人組の若い女性に「同じ便ですか?」と尋ねたけれど中国人らしく言葉が通じず確かめることが出来なかった。

そうこうしているともうひと組、女性二人の日本人がおりてきて、さっきのご夫婦のお知り合いらしく、どうなっているんだろうとはなしたら遅れているんだと教えてくれた。お二人はよく旅行に来られ旅慣れておられた。

とても安心。(*_*;そうこうしていると受付が始まり乗客も集まってきた。

日本人は5人だけであとは皆、外国人、どんどんこころぼそくなる。
けれどどうにか、乗り換えもクリアー。
後はパリに着いてからホテルまでの関門がまち受けている。


014_convert_20120809144343.jpg

フィンランド航空の機内食
ヘルシンキからの機内食はナチュラルでオレンジジュースやトマトジュースの他、
青リンゴのジュースもありました。あともちろんコーヒー、紅茶も。
3時間ぐらいの間でしたがチョコレートのサービスもありました。
美味しかったです。(*^_^*)


機内食の写真を撮っていたら斜め前に座っていた少女が私にとても興味をしめしてくれました。
ちょうど和紙の折鶴を持つていたのでプレゼントするとさらに興味をしめしてくれます。
隣にいた友達に折鶴を見せて何やらはなしています。
お友達も鶴がいるかとゼスチャーすると「うん、うん」って感じでした。
でもせっかくなので日本から和三本の落雁と氷の様に砂糖を表面に固めたゼリーの干菓子を持って来たので
2人に和紙に包んでてわたすととても不思議そうにながめていました。
食べるんだよって口に指をあてるとお菓子をながめながらこわごわ口にはこびました。
最初、不思議な顔をしましたが、目を丸くして、すぐ顔がほころび笑顔になりました。
甘い和三本が口の中でとろけてとてもおいしかったことでしよう。
次に砂糖で固めたゼリーを口に運びこれも不思議な甘い食感だったので笑っていました。
日本のお菓子は目で楽しむおかしです。色も形も綺麗で彼女達にはとても神秘的だったのではないでしょうか。
飛行機から降りる時笑顔でバイバイしました。記念に写真をとらせてもらいました。
かわいい少女達、ベネズエラからの旅行とのことでした。

019_convert_20120809153602.jpg

ベネズエラの少女達
ハイ、ポーズ
パリ、に着くまでの機内で彼女達に癒されました


010_convert_20120808220731.jpg

シャルルゴールド空港
さあ、パリに到着しました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。