Caprice

“Caprice”は「気ままに」って意味です、気ままなLifeのらくがき帳、おもしろい事、楽しい事、興味のあること、ハンドメードまで“カプリス”です!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ フランス紀行 パリの朝TOP未分類 ≫ フランス紀行 パリの朝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランス紀行 パリの朝

パリの朝の風景

パリでの朝を迎えた、AM7時、4時間ほど眠っただけだけど、とても心地いい目覚め。

まだ、ルームメイト達は眠っている。

なるべく静かに二段ベッドの梯子から下に降りる。

ベットルームの窓は空いたままになっていたようだ。

窓からの心地よい風を感じ。

小部屋に向いシゃレた大きな窓をあける。

白夜は、夜遅くまで明るいけれど、夜明けは少し遅い、ようやく明るくなった時間で、まだ少し薄暗い。

小鳥のさえずりは聞こえるけれど姿はまだ見えない

024_convert_20120815114913.jpg


窓際にすわり部屋からの景色を眺める。

建物の屋根を見渡す。パリの屋根部屋の風景といった感じ。

こんな朝の風景にとてもあこがれていた。

まるではじめて主人公が一人暮らしで朝をむかえる映画のシーンの様だ。


029_convert_20120814180012.jpg

窓からの風景

少し時間がたってさらにあたりは明るくなり

暫くすると屋根に小鳥達がとんできた。
 
楽しそうにさえずっている姿をながめていた。

何て気持ちのいい朝だろうか。

しかもここはパリなのだ。


055_convert_20120815115241.jpg



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。