Caprice

“Caprice”は「気ままに」って意味です、気ままなLifeのらくがき帳、おもしろい事、楽しい事、興味のあること、ハンドメードまで“カプリス”です!!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ アンニュイTOP未分類 ≫ アンニュイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アンニュイ

マリー・ローランサン

艶めかしい輝きと優しさと憂いをおびたパステルカラー
鋭く鈍い色が混ざり合い美しい色と光を放つ
マリー・ローランサンの絵
私の好きな画家
彼女は夢見る永遠の少女
純粋な瞳が見つめた厳しい現実は
ときに憂いとなり
それでも自由であることが美しい配色、無垢な輝きを放つ
マリー・ローランサンの絵は
夢見るようであるけれど冷たい雨にぬれた窓の曇りガラス
に映った凛とした幻影のようで・・・
曇ったガラス窓の水蒸気が浄化するように癒されます。
マリー・ローランサンの絵も永遠に観る人のこころを癒します。


マリー・ローランサンとギョーム・アポリネール

才能(霊感)ある者同士、惹かれあい二人は恋人同士になる。
マリーは母の目を盗みながらギョームとの愛を交わす


ピカソの戯言

(ピカソがギョーム・アポリネールにマリー・ローランサンについて語った)

「昨夜君の奥さんに会ったよ」「そりやいったい誰のことかね?」
「知らんよ。どんな女かは知らないね。いかにも君好みの、まぎれもない娘さ。
男を苦しめる宿命を負った女たちみたいにあどけない顔をしてたっけ」

ギョーム・アポリネール

(ギョーム・アポリネールがマリー・ローランサンについて友人に語る)

「なにしろ彼女は私に会いに来る時、縄跳びをしながら庭を横切るんだ。
それから相変わらずピョンピョン跳びながら階段を昇る。
大変な軽業だろ?帰りに通りまでくると今度は三重跳びをやる
小さな女の子がビネガーつまりさよなら、
また明日、とやるようにんね。」

ミラボー橋の下をセーヌ川が流れる
われらの恋が流れる
わたしは思いだす
悩みのあとには楽しみが来ると
日も暮れよ鐘も鳴れ
月日は流れわたしは残る

ギョーム・アポリネール   堀 大學 訳


捨てられた女よりもっと哀れなのは、よるべない女です
よるべない女よりもっと哀れなのは追われた女です
追われた女よりもっと哀れなのは死んだ女です
死んだ女よりもっと哀れなのは忘れられた女です。

マリー・ローランサン   堀 大學 訳

マリーとギョームは後に破局しマリーは貴族の男性と結婚しますが
マリーは息をひきとる時ギョームからの手紙を握りしめていたそうです。
マリー・ローランサンが最後まで愛した人はいつまでもギョーム・アポリネールだったのです。

彼らが愛したパリ、そして私もその地へ足を踏み入れる。



ちょっと Coffee Break

ババロア

ババロア
梅雨で雨が多く蒸し暑くなってきました。
3時のおやつは冷たいデザートの王様のババロアはいかがでしょうか。
ミルクと卵黄と砂糖を温めてゼラチンを溶かし
生クリームまたは卵白を泡立ててまぜ合わせ
冷やしかためたデザートです。
ツルつとフォワッとさっぱりとした甘さと
冷たい口当たりがくせになりそうです。


花はゼラニュウムです。ベランダに鉢植えしてありとてもいい香りがします。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。